商品:【AOI】オリンパス PEN E-PL9/10専用ハウジング UH-EPL10

 

Color:ミルキーホワイト/チャコールブラック

 

定価99,000円(税込108,900円)

95,000円(税込104,500円) 

 

 

いよいよこの水中ハウジングを紹介できる時がきましたー!!!

 

 

本当にこの水中ハウジングはメチャクチャ画期的というか、、

 

多分ちょっとした革命!って言ってもホント過言じゃないくらいすごいハウジングが出ました!!

 

 

 

このハウジングに入るカメラは、

 

オリンパスから出ている、

 

PEN E-PL10 と、PEN E-PL9 っていうミラーレスカメラになります。

 

 

PEN E-PL9の方が一つ前の型になるんですけど、

 

水中の機能的には9も10も全然変わらないので、少しコストを落としたい方には E-PL9 で十分です!

このミラーレスカメラがね、

 

価格ドットコムだと、

 

14mm-42mmのレンズも付いてきて、6万円代で新品で買えるし、

 

 

中古だったら楽天で3万円代で買えるんですよ! 

 

 

ミラーレスのカメラが、

 

オリンパスのTG-6とかとほぼ変わらないか、むしろ安く買えるんです!!

 

 

もちろんみんなも知ってる通り、

 

オリンパスのミラーレスでペンといえばメチャクチャ綺麗に撮れるし、

 

まぁ1眼レフの写真と同じと言ってもいいですよねー。

今回このハウジングをオススメする理由はいくつかあるんですけど、

 

 

まず、コンパクトデジカメで水中写真を撮ってる人が、

 

一眼レフカメラみたいな、

 

背景をぼかして写真が撮りたいなぁ〜とか、もっとこだわりの写真が撮りたいなぁ〜って思っても、

 

水中用の一眼レフカメラに変える場合、

 

トータルだと、50万〜70万円くらいになって、

 

 一歩踏み出せない人が多いと思うんですよね〜。。

 

 

でもこのカメラだと、

 

コストをメチャクチャ安く抑える事ができて、

 

一眼レフ並の水中写真が撮れるので本当に凄いと思います!!

なので、この価格で十分一眼レフ並の写真が撮れるので、メチャクチャオススメです!!

 

 

しかも!!今まで販売してたオリンパスのミラーレスのハウジングって大きくて持ちづらいじゃないですかー?

 

女性とか特に持ちづらそうで見てて大変そうで。

 

 

このハウジングはすごく大きさにこだわって作られたので、

 

ミラーレスハウジングなのにめちゃくちゃコンパクトなんです!!

 

オリンパスのTGシリーズの大きさとそんなに変わらないくらいで出来上がったんですー!

いいでしょーーーーっっ!!ちょっと一回り大きいくらいかなぁ〜??

 

 

コンパクトデジカメの良さって、陸上での持ち運びはもちろんなんですけど、

 

岩の隙間とかに住む生き物の撮影にも適してるんですよね〜。

 

 

一眼レフだとハウジングが大きくて入らないような岩の隙間も、

 

コンデジだと入ったりすることも多かったり。

 

 

このハウジングはそんなコンデジの良さも持ってます!!

 

 

 

しかも、このコンパクトさなのに、

 

すごい機能がたくさん組み込まれてるんです!!

 

 

 

まず一つは、

 

「バキュームセンサー」といって、

 

ハウジングの外側から手作業なんですけど、

 

水中に入る前に、付属のバキュームでこうやってハウジング内の空気を吸い出して、

この作業でハウジング内の圧を確認して、

 

少しでもハウジングに隙間とかがあったら、センサーが反応して教えてくれるんです!!

 

 

 

今までは潜る前にカメラが水没しないか浴槽とかに浸けてたじゃないですかー?

 

でも、、これをやっても水没する人とかいますけどね〜(笑)

 

 

もう今の時代はこうやってバキュームセンサーで教えてもらえるようになってるんです。。

 

 

すごいですよね〜。

それと、あともう一つすごいのが、

 

もし水がほんの1滴でもハウジング内に入ってきちゃったら、

 

ハウジング内にあるセンサーが反応して「ピー!ピー!ピー!」って音がなるようになってるんですよ〜。

 

 

ちなみにこの内側の下部分にある金色がそのセンサーです!!

 

 

そこにちょっとでも水が触れると音が鳴るようになってるんです。

だから、このハウジングはダブルで水没チェックをする事ができるので、

 

ほぼほぼ水没しちゃうって事はよっぽどの事がない限りないですね〜!!

 

 

 

あともう一つすごいとこがあって、

 

「フラッシュトリガー」っていう機能なんですけど、

 

 

カメラの本体にこのコードを取り付けるんですよー。

 

 

そうすると、わざわざカメラ本体のストロボを光らせなくても、

 

もし外付けのストロボを取り付けた場合、ちゃんとこれで光らせる事ができるので、

 

カメラ本体のバッテリーの減りを軽減できるっていうのもこのハウジングのスゴイとこだと思います。 

あと、このハウジングは先端に67mmの切り込みがあるので

 

そのままリングライトやクローズアップレンズ、それからワイドレンズとかも付けられるんですよー!

外部ストロボやリングライトがあれば、メチャクチャ綺麗な写真が撮れますよー!!

 

 

 

あと、このカメラでもっと小さい生き物の写真が撮りたいという方には、、

 

カメラ本体に付いてくる14-42mmのレンズに、さらに外付けでクローズアップレンズを装着して撮ってもいいんですけど、

 

それよりも、60mmのマクロレンズっていうのがあるので、

 

別売で購入して、それを使って撮った方が、クオリティーの高いマクロ写真が撮れます〜!!

 

(ちなみにこのマクロレンズは新品でAmazonとかで4〜5万円くらいで売ってましたー。)

 

 ただこのレンズを取り付けると、ハウジング側のレンズ部分を60mm用のポートに変える必要があるんですよね〜。

 

その60mm用のポート(AOI FLP 02 ¥36,960(税込)もむらい商店で販売してまーす。 

60mmマクロを付けた時の大きさを、オリンパスのTGコンパクトデジカメと比較してみますね〜。 

あと、僕がハウジングで重要だと思ってるのが、

 

シャッターの押しやすさなんです!!!

 

シャッターレバーって水中で一番使う部分であって、

 

押しやすくてストレスのない構造になってる事が大切です。

 

ハウジングの中には、シャッターが押しにくいものもあったりするんですけど、

 

実際使ってみて、

 

このハウジングのシャッターレバーの場所と角度がバッチリだと思います!

 

 

そんな訳で、今回紹介するハウジングは、

 

 

まず、ミラーレスカメラのハウジングだけど、すごく安く買えるので、

 

低コストでミラーレスを使ってこだわった水中写真を撮りたい人には本当に最高です!!

 

 

 

その他にも、

 

 

◉ 水没チェックができる機能がしっかり付いている!!

 

 

◉ ハウジング自体が他のミラーレスのハウジングと比べて小さいし、軽いので女性でも持ち運びしやすい!

 

 

◉ ポート部分の先端に67mmのネジがあるので、リングライトやクローズアップレンズなどそのまま取り付けできる!!

 

 

 

 

いやぁ〜、本当にこれ絶対いいですよ〜!!めちゃくちゃオススメです!!

 

 

 カラーはミルキーホワイトとチャコールブラックの2種類になりまーす。

 

 

 

あと、オプションとして、

 

LCD マグニファイヤー UMG-01もオススメです!

 

これを付けた方がめちゃくちゃ見やすくて撮りやすいですよー!! 

 

商品:LCD マグニファイヤー UMG-01

 

26,400円(税込み)

気になる方や、

 

カメラの装備とかでわからない事があれば、お気軽にお問い合わせください。